忍になる!   

日曜日は、走らなかったんだけど、かわりに、
スポーツネットワークサービスが主催する、「体幹トレーニング」にいってきた。

行く前のイメージだと、ひたすら腹筋をさせられるイメージ。

だって、体の幹を鍛えるんだもん!そう思うでしょ?

けど、実際は、体がぶれないようにする練習で、まず、複式呼吸を安定させる練習。
あと、大またで歩いて、どっちの足がぶれやすいかバランスチェックしたりした。

まあ、ここまでなら、誰も驚きはしないんだけど、
筋トレというか?インナーマッスルを鍛えるような練習をした後、実際に走る練習もした。
ちょっとだけ。
で、これが、すごいよかったのです。

ぶれない走り方=楽に走れる=同じ速度で走ったつもりでもスピードがでる!
という方程式になるのですが、体はまっすぐになってないといけません。
前かがみも、あごがでてのけぞってるのもNG。

そこで、大切なのが、腕の振り方になります。肩甲骨がポイントです。
肩甲骨を使って腕フリをするのですが、
その際に、手を、ぐーでも、ぱーでもなく、チョキにして走るという練習をしました。

すると、タイムが、ぐぐっとのびたんです。
グーだと前かがみになり、パーだと、あごがでる。
チョキだと正面をむいて走ることができるとか。

また、お尻を意識して、階段をのぼるという練習をしたのですが、
それと、チョキ走りをプラスすると、
なんと、私の走りは、忍者のように、足音がしなくなったのです。

(つまり、足への負担がなくなるってことですよね。)

言葉だけで説明しても、ピンとこないでしょうが、かなり画期的でした。
42.195キロという長い距離を走りきるには、持久力はもちろん、
楽な走り方をマスターするのが、大切だそうです。

2時間くらいみっちりと、習うことができました。これで、1500円という安さです。
ランナーズの企画で、寺内多恵子さんに走り方を習った以来の、
お勉強でしたが、かなり、ためになりました。
たまには、誰かにいろいろと教えてもらうといいかもしれないな。

でも、朝、おきて、お尻と、肩と腕と、いろんな場所が、
いたたたたっ~!(ケンシロウ風に)
[PR]

by ciaoks | 2006-12-18 08:38 | 日々の練習

<< ホノルル芸能人 折り返し。 >>