<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

暑くなってきましたね   

暑いのが苦手な私は、きのうのような天気は、参る。
気象庁がはじめて設けた「猛暑日」をきのうは、記録したそうですね。

ランニングも、「夏」はもっぱらやる気がしなくなるわたし。
ただでさえ、忙しくて走れてないのに、
夏がやってくるなんて、考えるだけでもめいる。

わたしは、熱体質で、体内の水分が少ないらしく、熱がこもりやすい。
だから、すぐに、熱中症みたくなっちゃうんですよね。

これからは、もっぱら、「夜RUN」オンリーになるんだろうな。

スイカ、枝豆、トマト、きゅうりなどの夏野菜を食べるといいらしい・・・。

「暑いから」
走らない理由ばかりが、増えるきょうこの頃です。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-28 22:48

母と皇居   

きょうは、夕方から、ままごんと二人で皇居に走りにいってきた。

ままごん弘子ちゃんは、今年1月から走り始めた。
私の母なんで、還暦はすぎている。63くらい!?忘れた。

家から皇居までは、弘子ちゃんのリクエストで自転車っす。
私はルイガノのマウンテンバイクで、そこそこオシャレだし、走るのも楽ちん。
でも、ままごんのちゃりは、どう見ても「盗難車」にしかみえない、古くて汚いままちゃり。
甥っ子のゆうきは、決してそのちゃりに乗らない。
必ず職務質問されるらしーのだ。

でも、弘子ちゃんは、そのままちゃりで、坂もとまらず、ふんばって、のぼっていく。
私はギアチェンジがあるからいいけれど・・・。

そして、弘子ちゃん念願の皇居に到着!

「お母さん、皇居くるの生まれて初めて~」と、なんだかうれしそう。

そこで、よっしゃーとおもい、丁寧にガイドしながら走ることにした。
「ここが竹橋。ほら、お母さんが春にいった美術館」

うんうんという相槌より、はあはぁという苦しそうな息ほうが大きく聞こえる。

「ここ、TOKYOFMだよ 私がよく仕事してる場所」
「そーだね」と、返事するものの、あまり興味なさそう。

で、「ほら国立演舞場!」と教えたたとたん、いわれた。

「もーいい!
何も見たくない、はしるのがせいいっぱい」

仕方ないので、黙って走ることにした。

それから暫くしてゴール。

その後、皇居1周歩いてまわったけど、次は反対周り。
「ここは、どこ?」
「あっちいくと、どこ?」

今度は質問がうるさい。

「東京駅、東京タワー あっちいくと内幸町」などなど、こたえてあげた。

そして、また、弘子ちゃんは「盗難車にしかみえない ちゃり」で帰っていった。

帰宅後、夕食で、ごはんをおかわりしている弘子ちゃん、
だから、やせないんだな。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-26 23:30 | 日々の練習

頑張る根性   

ちょっと前に買ったのですが、なかなか読めなかった本をやっと読みました。
アテネのパラリンピックのマラソンで、金メダルをとった、高橋勇市さんの本。
「アテネの風 盲人ランナー高橋勇市の軌跡」

伴走をするにあたって、読んでおくと参考になるかなぁ~と、思ったのですが、
とんでもない。
ビジネス本、自己啓発本として、走らない一般の方にも読んで欲しい本でした。

高橋さんは、病気のため、高校生頃から、視力が悪くなりはじめます。
そして、失明。盲学校に通い、マッサージ師となります。
それから仕事と両立させながら、ランニングをスタートさせます。
学生時代は陸上部だったけれど、とりわけ速い方ではなかったとか・・・。

しかも、初マラソンが、那覇マラソンなのですが、その時はすでに30歳。
本格的にフルマラソンに取り組み始めたのが、33歳。

アテネで金メダルをとった時は・・・39歳くらいのはず。
ちなみに、アテネのタイムは、2時間44分24秒。
自己ベストは、2時間37分43秒です。

視覚障害をもちながら、これだけ走れるなんて・・・。しかも、年齢を考えてもすごい。

「わたし、若くないし・・・」とか、「才能ないし」とか、疲れていると弱気になって、
いろんなことを理由に、目の前の問題から逃げたくなるけれど、
この本を、読んだら、そんなこと言ってられないなぁと思えてきました。

高橋さんのがんばる姿に、まわりは、応援をつづけ、
さらに、その応援をパワーにかえて、がんばった、高橋さん。

そして、また頑張るから、周りの応援は増え続け、さらに、がんばる。
この美しい繰り返しが、この本の中で、書かれています。
「頑張る」と「応援」が、スートーリーの中で、正比例のグラフを描いていました。

私が走り始めて一番頑張ったのは、今年3月の湘南での初めてのフルマラソン。
そして、あの時ほど、人から応援をうけたことはない。
沿道からの応援があったから、すごーく頑張れたのも事実。
そんなことを、ぼんやり、思い出しました。

人が応援したくなるような、「頑張る根性」さえあれば、つらくても、目標にむかって
進んでいけるものなんですね。

ちなみに高橋さんレベルの方がフルマラソンを走る際は、伴走者は3人ついて、
交代しながら、おこなうようです。じゃないと、無理ですもんね。

少し時間に余裕ができたら、「伴走の練習会」毎週末代々木公園であるようですので、
スケジュールにいれていきたいです。
その前に、走れるからだに戻さなくては・・・。うーん、がんばるぞ。がんばります。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-25 09:51 | 伴走

健康 のち 不健康   

なんと、先週は、土曜日も走って、合計2回。
しかも、土曜日は、皇居を2周走ることが出来ました~。
(初心者か!私は・・・)


大学時代からの友人と一緒に走ったからかも、1周目は、つらくて、「やめたいなー」と
思ってたけど、がんばって2周目に挑戦したら、
そこまで、苦なく、走れました。

すこーしずつだが、「ランナーの自分」に戻ってきてる!?
まあ、このまま、復活できればの話ですがね。

土曜日は、雨が降りそうだったからかな?バンドゥーシュも空いてて、
走りやすかったです。
けど、皇居は、ローラーブレードの人がいっぱいいました。
あれも、流行ってるのかしらん?

皇居は、すっかり、みんなの「健康」スポットになってます。

いい汗かいた、その夜は、板橋のホルモン焼きの店「山源」にいってきました。
一緒に走った佳子ちゃんが、板橋に住んでるので。

山源は、わたしの彼の推薦の店なのだが、すさまじく、「下町な店」でした。
店全体が、炭で、煤けちゃってるのです。

そして、中に一歩入って、びっくり。煙で、前が見えない。
しかも、目が痛い・・・。
でも、少しすると、慣れてくるもので・・・、
こぶくろ、ホルモン、ハラミ、こめかみ、ミノ、トントロ葱塩など
3人で食べまくりました。

ホルモンは、焼肉やで少し食べたことあったけど、正しい焼き方を、
ここで、教わりました。脂の方を上にむけて、片面じっくり、やきます。
脂が透明な色になり、裏の皮が、こんがり焼けたら、ひっくり返す。
少しだけ焼いて、おわり。

最後に、塩焼きのホルモンを、わさびで食べたけど、これが、非常に、
とろけて、おいしかった。
ホルモンは、カロリーも肉より少なく、ビタミンも豊富なので、
美容食らしいけど、
わたしの衣類にしみついた、「焼肉臭」は、「美」からは程遠い感じ
ビールものみ、焼酎もボトルで1本いれて、
野菜焼きやら、チャーハンなどもたべたのに、
ひとり3000円。

店の雰囲気だけでなく、値段も下町でした。

その後、別の店で、ワインを1本のんでしまった。

しかも、翌日の日曜日もホームパーティによばれ、ウィスキーをのみまくり、
体からアルコールがぬけきれてない感じ。

走って毒素をだした以上に、悪いものを体にためこんでいる気がする。

また、走って、毒素、ださなくちゃだわ。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-21 13:14

初心に返る   

今月に入って1回も走ってなかった、わたし。恐ろしい。
でも、きょうは、仕事と友達の約束の合間に隙間が出来そうなので、ウェアとシューズをもって、
歩いてた。
ちょっとでも、時間ができたら、走ろうと。

ただ、私がいない間に、銭湯の人口密度はさらに高くなっていてびっくり。
前なら7時前に行けば、ロッカーあいてたのに、6時半前にいったにも関わらず、
満員なんです。

なんでも、きょうは、「第3水曜だから・・・」と、おばちゃんは言う。
急がしそうで、なぜかまでは聞けなかったけど、
第3水曜日は、さけたほうがよさそう。

半蔵門の町は、きょうは、ずーっと“ランナー”が出没していた。
いろんなところで、昼間から走ってる人を見かける。

次の東京マラソンの参加倍率は、どうなってしまうんだろう。
考えるだけでも怖い。

風があって、涼しくて気持ちよかったぁと思ったのは、半蔵門から桜田門までの、ごくわずか。
その後、だんだん苦しくなってくる。
ほとんどの人にぬかれる。

ゆっくりなのに、苦しい。 うーーーーーーーーーーーーん、
走る体質じゃなくなっちゃったようですね。

汗がじわじわとでてくる。 毒素がでていく感じがいい。
遠かった、長かった、皇居1周。

また、地獄のように混んでいる銭湯へ戻る。

夜は社会人で大学院に通う友達の大学へ。
すごくきれいで、大学じゃないよう。
平日の夜、仕事の後、学ぶために、学校へきている大人たちをみて、
なんかうらやましかったな・。

私も、ランニング、イチから学びなおしますか。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-17 03:37

歩きました!!   

走れてないけれど、歩きました。
しかも、ただ歩くのではなく、モデルばりにステキに高飛車に歩いてきました。

ウォーキングスタイリストのKIMIKOさんが提唱する「ポスチュアウォーキング」の練習会に
先週土曜日、参加したのです。
ポスチュアウォーキング、詳しくは、ネット検索すればわかりますが、
KIMIKOさんが編み出した、オリジナルのウォーキングスタイル。

正直、歩くだけで、こんなに汗がでるのか?というくらい、使ってない筋肉を
動かしましたねー。
基本は、重点を後ろにおくことが大切。
背中。足の裏。裏腿。 膝裏 ふくらはぎ裏・・・。

つまり・・・体の「後と裏」がポイント。

これだけで、背ものびたり、やせたりする人がたくさんいるようです。

使ってない筋肉を使うってことが、「やせる」には、一番大切な要素だと
最近、走り始めてから、思う。
後ろ向きに歩いていく、後ろ歩きも、何度かやったけど、かなり痩せそうだったし・・・。


でも、今の私は、走っただけでもやせそう。
筋肉つかってないから。
アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー! 
[PR]

by ciaoks | 2007-05-15 14:31

正解です。   

正解は、みなさんおわかりの通り、元マラソン選手の増田明美さんでした。
は~。ステキな方だった。

大人気なく、増田さんとは番組の打ち合わせなのに、自分のことばっかりはなしてました。
しかも、一緒に記念写真まで撮影。

増田さんが番組出演中、「大またで歩く練習からはじめましょう」といえば、
スタジオの外で、おおまたで歩き出し、
トークの一言、一言に、あいずちをうち、いや~、うざい観客になっちゃいました。

しかも、わたし、、増田さんに、こんなこといわれちゃった。
「体がひきしまってて、カッコイイワネ」

おほほほほ~。
おほほほほほ~。

あー。このまま笑い死にしたい。
[PR]

by ciaoks | 2007-05-04 23:52 | その他